萬骨塔・後編

e0354451_13255416.jpg


壱/19mm
19mmと言う焦点距離がなんともビミョ~です。私の背中は崖。真正面から撮るのもコレでなかなか大変 (笑

e0354451_13261061.jpg


弐/19mm
萬骨塔はやっぱり桜の頃が良いです。塔の後ろに馬酔木が一本ありますので次に撮るのはその頃か。。。

e0354451_13262073.jpg


参/35mm
誰か石の数を数えたヒトがいると思うのですが。。。 (謎

Nikon D200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art
[PR]

by pub-t | 2016-01-08 06:00 | 東行 | Comments(0)

萬骨塔・前編

e0354451_128231.jpg


壱/30mm
下関市立長府博物館こと長門尊攘堂。1933年(昭和8年)。桂弥一を発起人として功山寺の境内に建てられました。

e0354451_1281066.jpg


弐/23mm
同時に造られたのが萬骨塔。葉っぱを落とした桜の木の向こうです。

e0354451_1282986.jpg


参/18mm
一将功成って万骨枯る。。。全国から寄せられた石が供えられています。

Nikon D200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art
[PR]

by pub-t | 2016-01-07 06:00 | 東行 | Comments(0)

チョッパーと紅葉狩り・尊攘堂編その3

e0354451_11493020.jpg


壱/18mm
そうそう。事務所の庭の房咲き水仙の蕾がかなり膨らんでいます。調べてみると去年は初めての水仙を12月14日に撮っていますから既に咲いているのかもしれません。

e0354451_13512611.jpg


弐/35mm
花を撮らなくなりました。理由は簡単。猫を撮るようになったからです (笑

e0354451_1149594.jpg


参/24mm
花より仔猫 (爆

e0354451_11501357.jpg


四/18mm
まあ、撮るものはなんであれ大した違いはありませんから。

Nikon D200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art
[PR]

by pub-t | 2015-12-16 12:00 | 東行 | Comments(0)

チョッパーと紅葉狩り・尊攘堂編その2

e0354451_11461330.jpg


壱/35mm
尊攘堂編もまた建物を真正面こっち向きで日の丸に据えてひたすら階段を上ります。

e0354451_11462228.jpg


弐/35mm
紅い葉っぱでボカそうとか考えません。

e0354451_115431100.jpg


参/35mm
階段の上と下とで8mの高低差があります。尊攘堂に近寄るにつれカメラ位置も高くなるワケですから、階段写真はそこのところが面白いと思うのです。

e0354451_11464023.jpg


四/35mm
私なんぞが小細工するよりも日の丸でバシッ!と撮ったほうが決まる。。。この頃はそんなふうに思います。

Nikon D200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art
[PR]

by pub-t | 2015-12-16 06:00 | 東行 | Comments(0)

チョッパーと紅葉狩り・尊攘堂編その1

e0354451_11405875.jpg


壱/35mm
カテゴリ『東行』を作りました。東行と言うのは高杉晋作のこと。西行法師が西を目指すというのならオレは東。東行を号としたのです。山口県と言えば維新。維新の他にはナニも無いところです (汗

e0354451_11411346.jpg


弐/35mm
長い階段を上り詰めると。長らく休館中の現・下関市立長府博物館です。総門の前に新しい博物館が完成間近。すると、この建物はいったいどうなるのだろう。。。 まあ、そのうち判ることでした。

e0354451_11412633.jpg



下関市立長府博物館となる以前は長門尊攘堂。京都尊攘堂を立てた品川弥二郎が長門にも。。。と言うことでその夢を長府の篤志家。桂弥一に託したことで完成しました。まあ、維新絡みです。その他、維新絡みの名所旧跡を訪ねた時はお写真を撮って、好きな維新話しでも。。。と、言うのがカテゴリ『東行』です。

e0354451_11413664.jpg


四/18mm
長門尊攘堂の建っているのは功山寺の境内。仏殿の隣です。別にカテゴリ『功山寺』でも構わなかったか。。。 (笑

Nikon D200 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art
[PR]

by pub-t | 2015-12-15 18:00 | 東行 | Comments(0)